1985.12.07札幌生まれ 10歳からJAZZダンスを学び、19歳より1年間NYへ渡米。sujitap, Michelle Dorranceに師事。詳しいプロフィールはメニュー欄の「プロフィール」よりご覧ください。


by tsubura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ひさびさの日記

楽しいライヴが続いた。ここ数ヶ月。
e0052534_22473423.jpg
(左から大口純一郎さん 楠井五月さん よしだ James Macauley)
凄かったなあ、札幌から親友が見にきてくれた。親友が「つぶらってペンキをばしゃーってかけてるようなタップだよね」って言われたことがあって、この日親友が言ったのは「いつもはつぶらがペンキをばしゃーってかけて、みんなが輪郭を書いてる感じなのに、今日はペンキの掛け合いだったね」と言ってくれて、「よくわかっている親友だ」と誇りに思った笑
純一郎さんのピアノ素晴らしすぎて、演奏中頭から手の先がビリって痺れた。そして遊びすぎて、「今どこにいるんだっけ!」と一瞬思った瞬間、五月さんがベースで「はい、ここでーす」って(しかもめっちゃさりげない)タイミングも音も全て絶妙すぎて完璧すぎて、流石でした。本当に素晴らしいお二人。


e0052534_22515379.jpg
(左から栗田妙子さん 松井宏樹さん よしだ)
前回お二人の素晴らしい歌心に、圧倒されて新しい扉をパカーンと開いていただいた。今回はもっとこうしたらいいんじゃないかとか、なんかストーリーを最初から最後まできちんとつなぎたい、とか色々考えすぎてしまったかもしれないけど、録音を聞いたらまとまっていて「あ自分のやりたいことはできてたのかもしれないな」と思った。でもわかるのはきっとこれからもっと先。

e0052534_22560779.jpg
(左から永武幹子 よしだ 粟谷巧)
みっこの音の渦は、お風呂の栓を抜いて「ズボーーーーー」ってなった時みたいで、音の渦のパワーに引き込まれてとっても面白いです。いつも私の全部をおっけー!って優しく受け入れてくれる巧のベースの懐も本当に素晴らしい。演奏中に沢山アイディアが湧いてくるtrioになりました。


e0052534_23030753.jpg
(左からよしだ 纐纈雅代)
雅代姐さんのduoは前回も面白かったのですが、今回もやらせていただき、8月にもまた共演できるのが嬉しい。サックス一本でも完全に紡いでいけるストーリーとパワフルなのに心優しい音にいつも感動します。一瞬一瞬のタップをちゃんと聴いてくれていて、信用してくれていて。すごく踊りやすいです。いつも汗だくになるduo。二人でもここまで世界観を作り出せるんだな、と毎回勉強になります。

e0052534_23282022.jpg
(左から福井アミ よしだ 守谷美由貴 伊地知大輔)
4人のバランスがすごくよかった日。最近は、あるミュージシャンが言ってくれた言葉「小節に合ってるとかリズムにあってるとかどうでもいい、もっと違うことを表現したいんだ」ってすごく共感して
そう、前回やった時、なんか上手くやろうってしてたな、、、、(私すげーちっちゃい)と思って笑
自分もメンバーも解放してあげれるような選曲をしました。でも結局は選曲じゃなくてみなさんが素晴らしかった。
私の気持ちがカチッとセットされただけ。


写真はないけど、inFでやった阿部篤志さんも素晴らしかった。
リハの時、ピアノの横に座って楽譜を見る瞬間があって、その時
「うわ、なんて息するようにピアノを弾く人だろう」と思った。ピアノを弾いてないの。ピアノで息してるの。
これは初めての感覚だった。
はじめましてだったけど、リハなんて5分で終わって笑、開演まで少し話した。
その時、「私は私のままで演奏していいんだ!」って当たり前のことだけど思って
そのまま何も考えずに頭真っ白で演奏した。
なんかこの日のライヴの後はわかんないけど泣けてきた。浄化されてしまった感じ。
私は私のままでいいと自然と思えた日になった。


e0052534_22554668.jpg
合間にルームメイトと紫陽花を観に鎌倉へ。
今、最高のルームメイトと住まわせてもらっている。ふたりとも面白くてしっかりしてて優しくて。ちょっと落ち込んだことがあったり、うまくいかない時も、家でゲラゲラ笑ってすっきり寝て、ただそれだけでまた明日がんばろうって気合いが入る。
生活の土台の部分を深く支えてもらっている二人。ふたりに出会えたことが感謝。
ふたりに出会って「嫌なことも良いこともちゃんと共有する」ってことを学びました。
嫌なことって言いづらいんだけど、言えばちゃんと半分こになって、寝たらスッキリして終了。この心の風通しのよさ。
ふたりとも感覚はアーティストなので、私のタップもよく見にきてくれて、感覚の肥えた良い理解者。

e0052534_23170661.jpg
仲良くなったゲストたち。とルームメイト。fromフランス

e0052534_23150751.jpg
最近の絵。やっぱり東京に来るとタップちゃんが恋しいらしい。猫の絵多い。

今は札幌に帰ってきていて、7/5は「Gさんと姐さんズ」て小山彰太さんが命名してくれたバンドに北垣 響さんと奥野義典さんを加えて素晴らしいメンバーでくうで演奏があるので来てね!



[PR]
トラックバックURL : https://tsubura.exblog.jp/tb/27365468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Tsubura | 2018-06-28 23:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)