人気ブログランキング |

1985.12.07札幌生まれ 10歳からJAZZダンスを学び、19歳より1年間NYへ渡米。sujitap, Michelle Dorranceに師事。詳しいプロフィールはメニュー欄の「プロフィール」よりご覧ください。


by tsubura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Fe. studio  

私をダンスの世界に引き込んでくれた、

ジャズダンサー 酒井芳乃さん。




今日芳乃さんの札幌での最後の舞台がありました。
これを期にアメリカに移住してしまうのです。


私は高校生の頃、芳乃さんに憧れて
毎日ダンススタジオに入り浸っていました。

歩くだけでもかっこよかった、
本当に厳しいまなざしは、
あの頃の私にとって、
とてもとてもとてもすごく大きな存在感でした。




芳乃さんが渡米したころ、
私も同じ時期に渡米していて。



ひょんとした機会で、一緒に踊らせてもらったとき、
とてもとても憧れの人だったから
芳乃さんに振りを作ってもらえること、
一緒に踊らせてもらえること、
すごくうれしかったことを覚えています。

急遽のショウだったため
三日で作ったルーティーン。
三日で覚えた振付。








「留学する」って昔から決めてた
(とっても、若い時の発想)
理由なんかない、なんか決めてた。
(いつも物事を決める時は直感)




でも、ダンスで留学したいって思うほどダンスに
打ち込んだのは芳乃さんのおかげ。


そこ一歩踏み出せたおかげで
何かに導かれるように私は今ここにいます。


すべてすべて。
芳乃さんのおかげ。


ダンスしてたら、また会えるよね、
会えるよね、
ダンスしてたら、また会えるんだよね。
続けてたら、また、、、
きっと



メッセージのこもったダンス。
見れました。

雨、きっとそれは芳乃さんの流した涙、
日本語の歌、きっとそれは日本人だっていう叫び、
色んなジャンルを踊った、それは芳乃さんが歩んできた軌跡、

芳乃さんの踊りは、哲也先生への恩返しにも見えた。
逆かな、哲也先生が芳乃さんに恩返ししてるようにも見えた。


でもちゃんと笑顔で次のステップにすすむよっていうメッセージもあった。
次のステップに進んでよ、って言われてるようにも見えた。





私も次、芳乃さんにあったとき
胸はって自分のダンスを芳乃さんに見せれるように

魅せれるように。



心をこめて踊るだけ。

心をこめて踊り続けるだけ。
トラックバックURL : https://tsubura.exblog.jp/tb/11484548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かずきーにょ at 2009-10-31 23:59 x
あれー、つぶらさんも見に行ってたんだ。
会わなかったですねー
Commented by tsubura at 2009-11-01 21:06 x
まじで!?
そうだったんだー つるちゃんーつるちゃん、、、、
言ってよーーーー(お互い様である笑)
芳乃さん素敵だったよねー、
by tsubura | 2009-10-31 22:17 | 日記 | Trackback | Comments(2)