1985.12.07札幌生まれ 10歳からJAZZダンスを学び、19歳より1年間NYへ渡米。sujitap, Michelle Dorranceに師事。詳しいプロフィールはメニュー欄の「プロフィール」よりご覧ください。


by tsubura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

季節が変わりますね

バタバタと過ごしていた日々
e0052534_208312.jpg


色々なライヴと

e0052534_2084649.jpg


12月の準備と

e0052534_209160.jpg


空を見上げたらまたいい色だった

e0052534_19551882.jpg

ぴょん(板谷大)さんとのduoライヴ。
二人ともすごい前向きらしく笑
いいエネルギーのライヴ。今後もいろんな事できそう。duoだからいいという自由さが毎回積み重ねられてて嬉しい

e0052534_19552417.jpg

初めてのジョセフ・デュムランとテウン・ヴィルブリュゲン。でのトリオ
あーゆー即興は初めてみた。
凄い。引き出しが多い多い。どんどん色が変わっていく。
今日みた空の変化みたいだった。
過去と未来の融合。音楽ってやっぱり凄いと思った。
音楽って自由だから、その時女にも男にもなれるし、未来にも過去にもなれるし、年齢も飛び越えられるし、いわゆるボーダーが全てない。



e0052534_2024122.jpg

田中信正さんと小山彰太さん
尊敬してやまないふたり
生き方も演奏も考え方も
演奏した後遅くまで話す内容はいつも私の中の奥底へ沈み
次に歩く原動力にしてくれる

素晴らしい毎日をありがとう

e0052534_20163859.jpg

[PR]
by Tsubura | 2015-09-11 20:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ついに明日です。

e0052534_2141644.png


「田中信正×小山彰太×吉田つぶら」

日時…2015.9.10(木) 19:30 OPEN 20:00 START
場所… LazyBird(www.lazybird-groovy.com)
    札幌市北区北24条西4丁目 三福ビル1F
出演… 田中信正(pf)/小山彰太(ds)/吉田つぶら(tap)
料金… 前売2500円 当日3000円
予約… ・Lazybird(011-707-7388)
     ・札幌タップダンス団体STE事務局(sapporotap@gmail.com)

重鎮のメンバーにありがたく参加させていただきます。



↑動画は
信正さんのオリジナル曲。
私の大好きな曲〜 やばい〜♥


****************************
田中信正プロフィール

かすかな息づかいをも感じさせるような繊細さと、スポンティニアスな躍動性を併せ持つピアニスト。
その演奏は、エキセントリックで鋭利に空間を切り裂くような狂気と、神秘性、リリカルさ、静謐の中の耽美的な香りが交錯する。

1968年横浜生まれ。
4歳より電子オルガンをはじめ、16歳でクラシックピアノに転向。
国立音楽大学作曲学科中退。クラシックピアノを小灘裕子、ジャズピアノを藤井英一、橋本一子、佐藤允彦 各氏に師事。
1993年横濱ジャズプロムナード第一回コンペティションで、グランプリ及び個人賞ベストプレイヤー賞受賞。
共演者と創り上げる自由で即興性に富んだ演奏活動は、JAZZのフォーマットばかりではなく多岐に渡る。
現在は、数多くのユニットのメンバーとしてライブやレコーディングに参加している。
ピアノトリオの範疇を超えた自己のユニット「田中信正KARTELL(山田晃路b、大槻カルタ英宣ds)」 と、
オリジナルと独創的なアレンジによるソロピアノは、比類なき唯一無二の演奏として評価が高い。

2010年より酒井俊ユニットのベトナム公演に度々参加、林正樹(pf)とのPiano duo「のぶまさき」で2012年にはパリ・アンカラ・イスタンブール公演を、2013年には韓国公演をおこなった。


オフィシャル ウェブサイト http://tnobumasa.net/
[PR]
by Tsubura | 2015-09-09 21:10 | スケジュール | Trackback | Comments(0)

Teun Verbruggen & Jozef Dumoulin

e0052534_12385597.jpg


e0052534_12391673.jpg




【Jozef Dumoulin - Teun Verbruggen duo japan tour 2015】

日時…2015.9.5(土) 19:30 OPEN 20:00 START
場所… くう(http://www.sapporo-coo.com/)
     札幌市中央区南1条西20丁目アウルビルB1
出演… Jozef Dumoulin ジョゼフ・デュムラン(pf) Teun Verbruggen テウン・ヴェルビュルゲン(ds) guest:吉田つぶら(tap)
料金… 予約3500円1飲物付(当日4000円)
予約… ・くう( 011-218-1656 または web予約)
     ・札幌タップダンス団体STE事務局(sapporotap@gmail.com)

ジョセフ・デュムラン|Jozef Dumoulin(フランスのジャズシーンで活躍するピアノ、キーボード、フェンダー・ローズ奏者。)、Teun Verbruggen テウン・ヴェルビュルゲン(ベルギーのブリュッセルで活動するドラマー)。








英語の名前が多いので訳しても…というところは少しカットしてありますが、なんとなく日本語のプロフィールです。



テウン・バーブリュゲン プロフィール

e0052534_122073.jpg


1975年4月生まれ 8歳の時にドラムを始める。ドラマーのDre Pallemaertと夏講座を2回受けたのち、彼(Dre)が通い、Hans Van Oosterhoutに習っていたというブリュッセル王立音楽院へ入学。1999年に卒業、その後はすぐにギャンルレスに多くのバンドに所属する。自分自身のタッチやドラムや音楽の可能性、彼の音楽に境界線を無くすこと、常に新しい音を探し続けること,即興の中で自由を見つけることを以下のバンドで探求し続けている:
「Alexi Tuomarilaカルテット&トリオ(ワーナーミュージック)」
「Jef Naveトリオ(ユニバーサルミュージック)」
「VVGトリオ」
「 Fantomâs(ヴォーカルMike Pattonのバンド)」の初期のメンバー等…

Paolo Fresu (with Jef Neve trio), Uri Cain、 Erwin Vann, Jean Phillippe Viret, Hilmar Jennson, Ernst Reyseger, Jimi Tenor, Toots Thielemansらと共演。

スカンジナヴィア、オーストラリア、メキシコ、スペイン、イタリア、南アフリカ、ポルトガル、アイスランド、カナダ、日本、オーストリア、バミューダ諸島、チュニジア、モロッコ、フランス、ヴェニス、オランダ、イギリス、キプロス、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、ドイツ、ロシア、ポーランドなどのフェスティバルで演奏。
ドイツで行われたヨーロッパジャズフェスティバルではAlexi Tuomarila、Jef Neve, “4”、Pascal Schumacherと共演。



Teun (April ’75) first picked up the drums by the age of eight. After two summer courses with drummer Dre Pallemaerts he went to the Conservatory of Brussels where he was taught by Hans Van Oosterhout. Since graduating from this school in 1999, he became one of the most in demand sideman in lots of different bands and musical styles in no time. His search for a personal touch and wanting to explore all possibilities of playing music and drums, his lack of boundaries and styles and trying to find fresh sounds and freedom in collective improvisation made him work (as sideman)with:

Alexi Tuomarila 4tet and Trio (signed WARNER MUSIC)
Jef Neve Trio (signed: UNIVERSAL)
FES (IPECAC ; CRAMMED) Fes did the first part of Mike Patton’s Fantomâs during 10 Europe dates.
VVG trio
Karanova (featuring Hilmar Jensson, Johann Johannssonn from Iceland and Mauro Pawlowski from Belgium), Molo Trio, Jambangle, Rackham, Pascal Schumacher 4tet, “4”, JojoBa, Streams, Silent Song, Jozef Dumoulin Trio,...

He worked as a sideman and leader with musicians such as Paolo Fresu (with Jef Neve trio), Uri Cain (With FES), Erwin Vann, Jean Phillippe Viret, Hilmar Jennson, Ernst Reyseger, Jimi Tenor, Toots Thielemans (with FES), Fred Vanhove, Trevor Dunn, Magic Malik, Shelley Burgon, Andrew d’Angelo, Fred Vanhove, Marc Helias, Giovanni Mirrabassi, Edouard Ferlet, Eric Vloeimans, Benny Lackner, Anton Goudsmidt, Harmen Fraanje, John Watts (Fischer Z), Matts Eilertsen, Michel Hatzi (aka moon),Louis Clavis (with FES), Peter Hertmans, Natalie Lorriers, Diederik Wissels, David Lynx, Bart Defoort, Kris Defoort, Arif Durvesh (Knitting Shawney), Kevin Armstrong (Iggy Pop), Pierre Vervloesem, Bart De Nolf, Manu Hermia, Sal La Rocca, Erik Vermeulen, Antton Walgraeve, Tom Wolf, Monsoon, Pieter Embrechts, Point Zéro, Cesarius Gadzina, Marco Locurcio,jacques Pirroton, Steve Houben, Melanie de Biasio, Toine Thys, Nic Thys, Hein Van de Gein ... Teun goes on tour with some of these bands a lot.


He has played on Festivals in Scandinavia, Australia, Mexico, Spain, Italy, South Africa, Portugal, Iceland, Canada, Japan, Austria, Bermuda’s, England, Tunisia, Morocco, France, Venice, Bermuda Islands, Holland, United Kingdom, Greece, Cyprus, Finland, Norway, Sweden, Germany, Russia, Poland, ...

He played at the EuroJazzfestival in Greece with Alexi Tuomarila, Jef Neve, “4” and Pascal Schumacher and played on the same festival in Mexico City with Jef Neve.
He played a lot at big festivals such as North Sea, Vancouver, Blue Note, Jazz Middelheim, April Jazz, Gexco Jazz, Kaamos Jazz, Montreal Jazz, Dour,...


Teun was also invited by Jazz Middelheim to open their 25 Jubilee Festival with the program called “Around a Drummer” and he also got a “carte blanche” at the 2005 Time Festival, Ghent.


Did support acts for bands as :
Elvin Jones Jazz Machine, Brad Mehldau Trio, John Zorn’s Moonchild, Paul Bley, Brandford Marsalis 4tet, Joey Baron’s Killer Joe, Mike Patton’s Fantomâs, John Zorn’s Electric Masada, Charley Haden Band, John Abercrombie 4tet, Andrew d’Angelo Trio,...





************************




ジョセフ・デュムラン  プロフィール

e0052534_2259842.png



 「彼の世代で今最も創意のあるパイオニア」「ピアノの魔法使い」「キーボードのマジシャン」「フェンダー・ローズのスペシャリスト」などと称されるピアニスト、ジョセフ・デュムラン。
 新聞では「音楽のような夢、夢のような音楽」「ジョセフの音楽を通して今日の旅は、昨日の音楽を思い出すようで、そして未来の音楽へと向かいたくなるようだった」「感情と実験が絶妙に混ざった音楽」などと絶賛される。
 演奏は幅広くトラディッショナルなジャズ、即興音楽、ポップ、コンテンポラリーでも力を発揮すると言われている。


1975年ベルギーのインゲルモンステル出身
幼い頃から家にある2台のピアノの周りで音楽やサウンドに触れて育つ。そして幼い頃から学生時代までの間、ピアノ、オルガン、クラヴィコード、ユーフォニアム、ハーモニー、ドラムの授業を受ける。
16歳でジャズに出会い、図書館でレコードを探したり、深夜のテレビでジャズのライヴがやっていないかと、チャンネルを変えていた。
高校卒業後、心理学を2年間勉強したが、ブリュッセル芸術大学へ進学。Diederik WisselsとNathalie Lorierに指導を受ける。ケルン音楽大学でも2年間John Taylorのクラスを受講。

音楽的には
はじめの頃にはシンガーBarbara WienikのバンドのCD「Eclipse(2001年)」ではピアノを弾き、フェンダー・ローズとエレクトロのユニークなサウンドを発展させていった。

2006年にはパリへ移住し、彼自身の音楽の発展をより活発なものにしていった。目標は音楽やスタイルを自分の故郷に与えること、そしてさまざまなバンドで彼が得たすべての音楽のスタイルの演奏を凝縮させることだ。

最近では「Bee Jazz」レーベルから3枚のレコードをリリース。
・「Trees are always night」(Lidlbojージョセフ・デュムラン主催のベルギーのバンド)、
・「レインボー ボディ」(Eric Thielemansドラム、Trevor Dunnベースのピアノピアノトリオ)、
・「フェンダー・ローズ ソロ」(世界的にも初めてのフェンダー・ローズのソロのアルバム)
3枚とも絶賛を受ける。

世界中で演奏し、サイドマンとして演奏したレコードは50枚を超える。

"One of the most inventive pioneers in his genre", "piano wizard", "a keyboard magician" or "a Fender Rhodes specialist", are some of the quotes describing Jozef Dumoulin. The press qualified his music as "dreams about music and music about dreams", "a sort of journey through the music of today that remembers the music of yesterday and would like to reach that of the future", offering "a subtle mixture between emotion and experimentation". As a musician, Dumoulin is known for being able to maintain his own voice in every musical context, wether it be traditional jazz, improvised music, pop music or contemporary music.


Born in 1975 in Ingelmunster, in the pretty deep Belgian countryside, from a very early age Jozef Dumoulin was totally attracted to music and sound, fooling around on the two pianos at home. Throughout his childhood and teenage years he attended classes in piano, organ, clavichord, euphonium, harmony and some drums. Around the age of 16 he discovered jazz, and began spending hours in the local library finding records and zapping the TV at night in the hope of bumping into some live jazz. After highschool he studied psychology for two years but then decided to go to the Brussels Conservatory where he was tutored by Diederik Wissels and Nathalie Loriers. He also spent two years at the Musikhochschule of Cologne taking classes with John Taylor.



Musically, Dumoulin has his fingers in lots of pies. Initially he played the piano, as in his formal band with singer Barbara Wiernik on the CD ‘Eclipse’ (Mogno 2001), an instrument he still deeply cherishes. At the same time he has developed his unique sound on the Fender Rhodes, combining it with electronics. Using this setup, he joined forces with a number of existing formations (such as the Magic Malik Orchestra, Reggie Washington Trio Tree, Octurn, Dre Pallemaerts group, Othin Spake, Benzine, Narcissus Quartet, ...), still finding enough time to engage in other enriching get-togethers (Brussels Jazz Orchestra, Toots Thielemans, Aka Moon, Belmondo brothers, David Lynx, ...). He shared the stage and/or recorded with Mark Turner, Bill Carothers, Michael Brecker, Dave Liebman, Jaime Torres, Sekouba Traore, Skoota Warner, Trevor Dunn, Daniel Humair, Hilmar Jensson, Andrew D'Angelo, Nate Wooley, Ron Miles, Joseph Bowie, Nelson Veras, Marc Ducret, Ronny Jordan, Robin McKelle and T.N. Seshagopalan, Jef Lee Johnson, Kartet, Soo Bin Park, Rick Margitza, among others.

In 2006 Jozef Dumoulin moved to Paris, where he soon became active and increasingly interested in developing his own music. His aim was to give a proper home to his own sound and style, and to distill his own interpretation of all the musical styles he had practiced with as many different bands.



In the last years he released three cd's on the Bee Jazz label: “Trees are always right” with his belgian band Lidlboj, “Rainbow Body” with his trio made up of Eric Thielemans on drums and Trevor Dunn on bass, and "A Fender Rhodes Solo" - first Fender Rhodes solo album in the history of the instrument. All three cd's were critically acclaimed.
End of 2013 Jozef got a FAJE-grant to write for and play with Ellery Eskelin on saxophone and Dan Weiss on drums. The trio is called 'The Red Hill Orchestra' and their first cd 'Trust' is going to be released on the french label Yolk end of october 2014.
Other ongoing personal projects include a series duos; one with singer Lynn Cassiers, one with guitarist Nelson Veras and one with pianist Benoît Delbecq.
Besides, Jozef Dumoulin co-composed the music for a quartet-cd with saxophonist Jerôme Sabbagh and for a double-cd with belgian M-base/Messiaen cult-band Octurn.
He also composed and performed music for several movies.

Jozef Dumoulin performed all over the globe and can be heard as a sideman on over 50 records.
[PR]
by Tsubura | 2015-09-02 12:40 | スケジュール | Trackback | Comments(0)