1985.12.07札幌生まれ 10歳からJAZZダンスを学び、19歳より1年間NYへ渡米。sujitap, Michelle Dorranceに師事。詳しいプロフィールはメニュー欄の「プロフィール」よりご覧ください。


by tsubura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ニューヨークはあちこちで冷房がききすぎ。
地下鉄、ジャズバー、スーパー、ビルの中、レストラン。
凍えるレベルなので、いつも上着かスカーフを持って出かける。
私はとてもお腹が弱い。
そして冷房にあたり慣れてきていないせいで、冷房に当たるとお腹がキューーーン…っ。トイレに行きたくなる。
そしてニューヨークはトイレがない、ない、ないのである。

切実な悩みは横に置いておいて(笑)

先日友達の誕生日だったので、エンパイアー・ステイト・ビルをロックフェラーセンターから見よう!ということに。
ニューヨーク歴超長いのに、ロックフェラーに登るの始めてという友達。
夜景をみたい、とのことで、22時くらいに並んでいると(クローズは午前2時)
「today's tickets are SOLD OUT! SOLD OUT!!」と。
いやいや、まさか(笑)なにいってんの、聞き間違えだべ…まだ22時だし、売り切れるってどーゆーことよ、減るもんでもあるまいし…
と思いそのままディスクに行くと、本当に売り切れとの事。

なーにーそーれー

ちなみに
その日(7月25日)はアンディ・ウォーホルの50周年記念で
特別にエンパイアーをライトアップするらしいとのことでワクワクして行った。

e0052534_00083941.jpg
ぼやけてんぜ〜…

白のライトでキラキラ光るライトアップでした。
アンディ・ウォーホルは1964年にモノクロ無声映画エンパイア』を制作しているので、それから50周年経ったという意味なのでは。モノクロ映画だったから、あえての白だけのライトアップ?
アンディ・ウォーホルはバナナのイメージが強かったので、勝手に黄色いライトアップかと予想していたのですが見事に外れました。

ロックフェラーセンターも夜にも関わらず、多くの人で賑わっていました。

e0052534_00134460.jpg
本物の花で出来た大きな物体がある!
e0052534_00145307.jpg
でかいぜ〜

アルパカ?キリン?可愛いなぁ。
調べてみたら『木馬』だそう。制作したのは、米国の現代アーティスト、ジェフ・クーンズ。約11メートルの作品には、5万株以上の花が使われているらしい。

偶然の出会いは嬉しい出会いだ。


[PR]
by Tsubura | 2014-07-27 00:17 | Trackback | Comments(0)

おっちゃん

タップジャムが毎週水曜日の夜SmallsでMichela Marino Lerman主催で行われている。ミケーラは好きなタップダンサー。ミケーラはジャムの最初に何曲か踊ってくれるので私は結構早い時間から行く。
ちょうど隣に座った人が、絵を描く方で、それもまたすんごくすんごく私の好みの絵を描く。
多分気持ち悪いほど、責めよった(笑)絵を売ってくれと(笑)ウェブサイトはないのかと(笑)
見兼ねて、ノートに書いていた絵をちぎってくれた。
e0052534_03454921.jpg
絵の描き方がまた凄い。目を見開いてずーっと絵のモデル(この絵の場合は、スモールズに飾ってある写真だったのだが)を見て描く。要は、スケッチブックの方を見ないで描くのだ。(字のごとく、本当に見開いているので、見た目はちょっと異常)いい、すんごくいい。名前教えてもらうの忘れた。水曜日また来たら絵が欲しいと言って別れた。変な人だと思われてないだろうか。(と思われるくらい、グレイトと言いまくった。)

e0052534_03513089.jpg
スモールズで働いているおっちゃん。なんか弦の数が足りないギターを弾いていた。光栄にも「いいタップダンサーだ」と言って話しかけてくれた。「隣に座れ」と言って彼のギターで弾き語りブルースを聴いていた。タップで参戦w「ララ〜お前の笑顔〜」と歌われた。もうちょっと他の歌詞が思い浮かばなかったものか(笑)

家(ビル)の3階にジムがあって、日頃誰も使っていないし、ひとりふたりチラホラ来るくらいなので、最近はそこで練習していたが、今日あるおっさんが現れて、「なんの音かと思って来て見たよー」と遠回しにうるさいアピールをされたので、今日からビルの地下に練習場所を変更。
e0052534_04000491.jpg
地下は駐車場、ゴミ箱、駐輪場。結構人が通る。集中力遮られるんだよなあー。どうにかならんもんか。ジム良かったんだけどなぁ。

[PR]
by Tsubura | 2014-07-25 04:06 | Trackback | Comments(0)

ニューヨーク3

2年ぶりのニューヨークは結構変わったところもチラホラ。
1番びっくりしたのは「グリーンキャブ」ができたこと。「イエローキャブ」はニューヨークでお馴染みのタクシーなんですが、なんと1年前ほどからグリーンも出来たのこと。
↓こんな色
e0052534_13162219.jpg
わさび色。わさびちゃん。イエローキャブはマンハッタン、空港の往復が1番多く、イエローキャブを捕まえてクイーンズやブルックリンに行きたいとかいうと断られてしまうことも多くありました。その対策で出来たのがグリーンキャブだそうです。主にブルックリン、ハーレム地域などに生息(?笑)していて、その地域中心に回るタクシー。新しいシステムだから車の外観も凹んで無くて綺麗(笑)。

そして今週末は
Brian Girley(as) Julian Shore(pf) Harish Raghavan(b) Marcus Gilmore(ds) @Shape Shifter Labを観に。
始めて行く箱で乗り継ぎをかなり間違える(笑)家がハーレムで、シェイプシフターラボはブルックリンにあるので遠い。若手のカルテット。ホープといった感じに思った。艶感のある音色も良かった。観客が日本人があまりに多くてびっくり。聞くところによると、リーダーのブライアンが日本のアニメオタクで日本人と交流が多いのだそうだ。

そして、
Uri Caine Trio @Smalls
Mark Helias(b) Clarence Penn(ds)
ウリのピアノが私は大好きで、ウリが聴けると興奮気味に早めにスモールズに着いたにも関わらず、行列で賑わっていた。流石ですね。圧巻でした。ウリのピアノの音色は跳ねたり、力強くなったり、鮮明になったり。。。こんなに豊かな一音があっていいのかと溜息が出るほど。ウリは顔色ひとつ変えずに演奏しているのに、聴いている私はこの切ない音に眉間にシワが寄ってシワシワになってしまう。タイム感もとても独特で、これは何処でリズムを感じているのか。あちこち移動するリズムに、3人の息はピッタリで、合わせたり合わせなかったり、気持ち良い空間を作り出していました。ベースは堅実で、ドラムはコメディアンな部分もチラ見する、思わずふふふと笑ってしまいそうになるリズム。このアンバランスさもバランスが取れていて面白かった。ラストに弾いた短いバラード、胸にずっしり来ました。


ライヴハウスに行く途中時間があったので、ワシントンスクエアパークへ。
e0052534_01283496.jpg
e0052534_01294701.jpg
e0052534_01312362.jpg
気持ち良い

[PR]
by Tsubura | 2014-07-23 01:33 | Trackback | Comments(0)

ニューヨーク2

板もやっと購入して、少しこっちの生活にも慣れてきました。

板購入場所はHome Depot。ホーマックみたいな場所です。
e0052534_01250959.jpg
e0052534_01253556.jpg
e0052534_01255645.jpg
「何探してるの」と話しかけてくれた店員。タップダンスが踊れそうな板で、持ち運べる軽いのが欲しいって言ったら、なんと作ってやる、と言ってくれて、トンカチトンカチやってくれました。スペイン人の彼が、ハンマーと釘で作ってくれた後、「ハンマーはもう使わないから買わなくていいよね」と、使い終わったおもむろにハンマーを元に戻し(笑)、板と釘と台だけ購入。
話を聞いたらどうやら店員じゃなくてただのお客さんらしい。やるなぁ、おっさん。

しかも、後日談ですが、超踏みづらくて返品(笑)
釘を打っているにも関わらず、100%返品。返品大国アメリカ。何でも(使っていても汚れていても)とりあえず返品したいと言ったら大概どこでもOK。どういうカラクリで経済は動いているのか。



そして時間が経ってしまいましたが、熊谷和徳さん@Nubluに行って来ました。
メンバーはBill Ware(vib) Alex Blakes(b) Kenny Wolleson(ds) Masa Shimizu(g) ビルとアレックスが中心となって展開されていくストーリー。一音一音が情熱的。東京オーチャードホールやった内容と近いものが、ライブという間近な場所でみれたのがよかった。2セットにジャムもやったので踏ませていただきました。カズさんの娘さんが来ていて、なついてくれて一緒にライブを鑑賞。彼女は私のひざの上。「私のパパなの」と自慢毛に話す彼女に、パパかっこいいねというと、「うん」と言っていました。(萌え死)。カズさんの愛に溢れたタップは素晴らしかったです

そしてJacky Terrasson quartet@Madison Square Park
メンバーは、Burniss Travis(b) Lukmil Perez(ds) Manino Gray(perc)
e0052534_01270567.jpg
Sean Jones quartet @Jazz Standard
Orrin Evans (pf) Luques Curtis(b) Obed Calvaire(ds)

帰り道恋しくなって日本のジャズを聴く。



[PR]
by Tsubura | 2014-07-21 01:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

NY

ニューヨーク着いて1週間が経ちました。いろいろなショーを拝見しています。

まずは、タップシティー(ニューヨークで年に1度開催されるタップ祭)の「Tap&Songs」。主催者のトニーワグがたくさん歌っていました。タップダンサーのリンシュワブも歌っていたのも驚きました。日本人では熊谷和徳さんもソロで踊っていました。個人的にはカズさんのタップが1番素晴らしかったです。

そしてセビオングローバーの「OM」。
ジョンコルトレーンのOMは私が大好きなので、とてもワクワクして聞きに行きました。舞台は蝋燭、先人のタップダンサーの写真、Love SupremeのLPなどが置いてありました。お経が流れる中でタップを踏んだり、パルスがある曲(曲といっていいのか)は無い内容でした。全てCD(?)を流した上で踊る形で、セッションや、生音はない形。セビオンが日頃先人の想いを胸に表現していきたいという想いがしっかり伝わってくる作品でした。盛り上げる場面もあえて作らず、全て出たとこ勝負。振付を踊る場面もありましたが、むしろいらなかったかなとも思いました。
e0052534_22525728.jpg

そして、Will Vinson @55bar、クレジットあとでちゃんとチェックしようと思ったら、もうHPでは消去されていて誰が誰だかわからないですが、、、、泣。ウィルの攻撃的なブローも好きでしたし、曲が面白かったです。変拍子の曲多し。10時からスタートのセットにー、10時ギリギリ慌てて入店したら、ミュージシャンはピアニストしかいなくて、お店の人に、今日ライヴあるのか聞いたら、「I hope so, but nobody here yet」って言われたのに驚愕でした。ちなみにここのお店の時計はミュージシャンタイムになっていて、15分進んでいる。ミュージシャンが遅れて入ってくることが多いので、わざと進めているそうです。
e0052534_23220682.jpg
そして
Fred Hersch Trio @ Village Vanduard 。Fred Hersch(pf),John Hebert(b), Eric McPherson(ds)フレッドのクラシカルなフレーズも凄かった。変だけど綺麗で、詩みたいでした。本みたい。そしてエリックのドラミングが表情豊かで、とても好きでした。この人からすげーピンクのオーラ出てる!(抽象的ですいません)。ジョンのソロも、優しい人柄がわかるような音で、とても良かったです。

沢山色んな物観れているのは感激ですが、練習場所を確保しておらず、家の目の前が公園なので、そこで練習できるか、今日はチェックしてきます。



[PR]
by Tsubura | 2014-07-16 23:31 | Trackback | Comments(0)

7月4日、5日

7月4日から函館、松前町、とライヴしに行ってきます!函館も松前も初めて。

初日は久々の弘恵ちゃんとのduo。弘恵ちゃんのピアノ好き。
私がやりたいと思った事を直感でピピッと拾ってくれる。
…名前がヒロエだけに。
救われた気持ちにさせてくれるピアニスト。

アーメン。

e0052534_22134542.jpg


日時…2014.7.4(金) 19:00 OPEN 19:30 START
場所… Free space Ji-no(http://ameblo.jp/jazzleafhakodate/)LEAFのブログですが、Ji-noの情報も乗っています。(大門グリーンベルト沿い)
出演… 吉田つぶら(tap)/中島弘恵(pf)/
料金… 前売3,000円(当日3,500円)
予約… ・jazz spot Leaf(函館市松風町8-19) (0138)27-4122
     ・吉田(tsuburayoshida@gmail.com)

急遽決定しました。弘恵ちゃんとのduo。初函館です。

e0052534_221344.png



日時…2014.7.5(土) 17:30 OPEN 18:30 START
■第1部/松前神楽(福島町松前神楽保存会)/40分程度
■第2部/吉田つぶら(タップダンス/40~60分)
■布インスタレーション/長谷川雅志
場所… 福島大神宮境内土俵特設ステージ 松前郡福島町字福島219〈雨天時:福島大神宮本殿(雨具持参)〉
出演… 吉田つぶら(tap)/中島弘恵(pf)/北垣響(b)
料金… 入場料/¥2,000 高校生以下/¥500
お問い合わせ… 福島大神宮 0139-47-2062
後援… 福島大神宮/福島町松前神楽保存会
主催… かがり火実行委員会〈事務局〉E-mail= info@e-nakatsuka.com
企画協力… NMA http://homepage2.nifty.com/nma/
デザイン制作協力… 市川義一
[PR]
by Tsubura | 2014-07-02 22:19 | スケジュール | Trackback | Comments(2)