1985.12.07札幌生まれ 10歳からJAZZダンスを学び、19歳より1年間NYへ渡米。sujitap, Michelle Dorranceに師事。詳しいプロフィールはメニュー欄の「プロフィール」よりご覧ください。


by tsubura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

tsubura in TOKYO

おひさしぶりですー^^

とりあえず生きてます

色々引越、期末テスト&レポートの嵐、JAPANESE WEEKの振付
など色々あり
風邪も引き、
バイクで転び
足にはヒビが入ってる私でしたが、

東京にきて大分落ち着きましたー

家探し、職探し、色々問題はあるけど
とりあえず生きてます。

ひさびさな友達にいっぱい会いました
NYであったけんたろうくん、
札幌レディースのあっことりず。

嬉しいです。
離れて、違う道を歩き出していても
きっとまたこうやって交差点をみつけては
挨拶して少し同じ道を一緒に歩いたりするのかもしれません。

最近思うのは
出会いってほんとーに大事で
自分を大きくさせてくれるものだなーって事。

当たり前だけど
感謝。
[PR]
by tsubura | 2007-11-26 00:59 | Trackback(3) | Comments(7)

優しい話

今日ある人からこんな話を聞いた

「レンガ職人の話」だ。

***********************:::*******

レンガ職人に「なにを作ってるんですか」、と聞いた。

ある人はこういう 「壁を作っているんだよ」
ある人はこういう 「レンガを作っているんだよ」
ある人はこういう 「みんなが仲良くできる空間を作っているんだよ」

一見、
「みんなが仲良くできる空間を作っているんだよ」って言った職人が
モチベーションが高いように感じる、

でも本当にそうであろうか。


ある人は 
本当にこのレンガとレンガの隙間の何ミリ間隔に命をかけてる人がいる。

ある人は
ただ漠然とレンガの何かが好きって人がいる



だから
「みんなが仲良くできる空間をつくっているんだよ」
っていった職人がモチベーションが高いなんて
一概に言えないんじゃないかって思った。

*******************************

っていう話だ。


本当にそうだな、と思った。
そして、そのひとは「優しい」って思った。
いろんな人の気持ちを理解して受け入れてくれてる気がした。

その人はいろんな人に出会ってきたんだな、って。








そしてこんな話も今日きいた



******************************

芸術なんてみんな動機が違って当たり前なのにね。

完全にお金のために自分の技を世の中にだしてるひともいれば
本当にそれが生きがいでやってるひともいるだろうし、
もしかしたら
自分を極限までおいこむためにやってるひともいるかもしれないね。


******************************


お金のために芸術なんて、って思うけど、
結局それがPOWERとなって何かいいものが生まれたりする。

そして人に認められるのだけが芸術じゃない。
それだけで食べていくためには認められることが必要だけどね。


なにが正解で何が不正解なんてない。


濁ったものの中で
自分の中で「これは正当だ」と

芯を探していく



でもその芯は他人の芯とは同じものなんかではない。



だから理解するんじゃなくていいと思った。
芸術にかかわる人の頭ん中。


こうだから正解、こうだから不正解なんてものはないんだから。



でも「そんなの違う」って見向きもしなかったことも
受け入れられるようになった。今日。

理解できなくてもいい、
でも
受け入れていくことはできるんじゃないかな、って思った。




自分は

DANCEはARTと思って
ATHLETEっぽいダンスを否定してやってきた

「そんなのダンスじゃない」とも思ってた



けど
そんなのもありなのかも。

芸術に正しいなんてないんだから。

それでモチベーションが低いだなんて
決め付けられないんだから。
[PR]
by tsubura | 2007-11-08 22:45 | Trackback | Comments(8)

前進するために


人には必ず過去がある
辛い過去や楽しい過去

でも誰もが今立っている場所は



今だ。



なんでこうなんだろう、という原因を
自分の過去に見出すことは
何か違う。

ただの甘えだと思う。



今を生きるために
今考えなければならないものが必ずある



今を生きるってことは
本当に
汗水流して
精一杯生きたって
24時間すべて使ったって
ぎりぎりなものなんだ。

過去が長くなればなるほど、
「昔は…」
なんて言葉増えてくる


辛いときこそ
きついときこそ

「感謝」する気持ち、忘れないように。

大好きな親
大好きな環境
大好きなダンス
大好きな人


私がよく悩むこと、
「ダンス」のこと。


でも、健康に
五体満足に
大好きな人に囲まれている
その感謝を忘れていなければ

ダンスが好きなのにできなくなった人もいる、
自分も明日には五体不満足になってるかもしれない



今、踊れる感謝を
今、大好きな人達に。
[PR]
by tsubura | 2007-11-02 21:32 | Trackback | Comments(4)